遺産相続を知る

相続については普通の人にも関係のあることですから、関心を持っている人は多いでしょう。
しかし、実際に自分がトリプルエックス遺産相続をすることになってから、遺産相続について考えるよりも、前以って知っておくことによって、税金の面で得をする場合もあります。
知っておいて損はしない遺産相続の知識を少し紹介しましょう。
まず、遺産を相続したときに相続税の対象となる範囲が決められています。
何でもかんでも相続税がかかるわけではないのです。
預貯金、債権など明らかに財産と考えられるものは相続税がかかりますから、かからないものを知っておきましょう。
生命保険の給付金は相続税の対象となりません。
それは死亡者の生前の財産ではないからです。
しかし、死亡者が契約をして、月々の支払いをしていた場合には財産とみなされます。
また、会社勤めの場合、退職金が支払われますがこれも相続税はかかりません。
その他に、墓地や仏壇など先祖を祀る品々には相続税はかかりませんが、金の仏像を骨董的な価値のために所持していた場合には相続税の対象となります。
弔慰金や花輪代は常識的な金額までは相続税がかかりません。
この常識的な金額とは給与の3年分を基準とされています。
相続する財産は相続する人数によって変わってきます。
そのために相続税の金額も変わります。
つまり、子供が多ければ相続税がかからないこともあります。
遺産相続を巡って肉親が争うことも多いようです。
そのようなことのないようにしておきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です